米田基のネコソダテ
俳優・米田基と一緒に暮らす、パンダという名の猫の成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16話

↓にゃん(ワン)クリックお願いしますm(__)m↓
バナー①

バナー②


  パンダの武勇伝を見た僕は、こいつは今後も何かやらかすだろうとある意味日々わくわくしていた。


米「パンダ」
パ「ふにゃ?」
米「今日は何して遊ぶ?」
パ「……」


  プイとしてしまうパンダ。


米「どうしたんだ?」
パ「(ペロペロ体を舐めている)」
米「また新しいおもちゃ欲しいのか?」
パ「……(欠伸をする)」
米「何だ、今日は眠いのか?」


  体を舐め続けるパンダ。


米「気分屋のパンダめ~」
パ「今日は暑いにゃ~」


  ぴょんとテーブルに乗るパンダ。


パ「ここひんやり気持ちいいにゃ~」


  僕は、カメラを手に取り、


米「ほら、パンダ」
パ「にゃんだ?」
7月上旬②

米「今日は写真撮ろっか」
パ「にゃしん?」
米「しゃ・し・ん」
パ「にゃんだそれ?」
7月上旬①

米「いつも撮ってるでしょうに」
パ「食い物か?」
米「こら、寄るな!じっとしてなさい」
パ「(じーっと)……」


  しかし、顔がどんどん寄ってくる。


米「こ、こら…近い(パシャ)」
7月上旬③


↓にゃしん最高♪↓
バナー①

バナー②

スポンサーサイト

第15話

↓にゃん(ワン)クリックお願いしますm(__)m↓
バナー①

バナー②


  皆様もお気づきのように急成長を遂げたパンダ。ところが、パンダの日々増していく暴力(?)に傷が増えていく僕。しかし、猫だから仕方ないと思ってからはそれも我慢できるようになってきた。
  この日は、パンダの餌を買いにきていた。


米「パンダのご飯をたまには変えてあげよっかな~」


  見せの中を色々見て回っている僕。


米「そうだ。新しいおもちゃでも買っていってあげよう♪」


  と猫じゃらしを買って帰る僕。


米「ただいま~」


  ドアを開けるといつものように待っているパンダ。


パ「ごろにゃ~~」
米「いい子にしてたか?」
パ「当たり前にゃ~」
米「(部屋を見て)……」


  いつものように荒らされている。


米「まぁいっか。それよりパンダ。今日はいいもの買ってきたよ~」


  袋の中から猫じゃらしを取り出し振ったりして遊びだす僕。


6月下旬③

パ「!?」


  もの凄い反応を示すパンダ。咄嗟に飛びついていく。


米「やっぱ新しいおもちゃは楽しいんだな~。ほれほれ」
パ「こんにゃろ!こんにゃろ!動くな!」
米「あははは。わかったわかった。はい、あげる」


  猫じゃらしをパンダに譲ると、ずっとそれで遊び始める。疲れも忘れ遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。
  僕は楽しそうだからいいやと思い風呂に入ることにした。その間もパンダは、


パ「お前なんかに負けるかにゃ~!キック!キック!捕まえたにゃ~!回れ回れ~!」


  などと訳のわからない遊びを続けていた…のだろう。
そして、僕は風呂から出てきてパンダのこと見た。


米「!?」
パ「お帰りにゃ~」


  パンダは猫じゃらしを加えていたのだが……


米「パンダ…その猫じゃらしについてた棒の部分は…?」


  パンダの後ろ方に転がっている猫じゃらしについていた棒の部分。


米「お前…買って数時間でおもちゃ壊すなよ…」
パ「俺、こいつに買ったにゃ」
米「……」


伝説を一つ作ったパンダであった。


↓武勇にゃん、武勇にゃん、武勇にゃんにゃんにゃにゃんにゃん♪だにゃ↓
バナー①

バナー②


第14話

↓久しぶりのにゃん(ワン)クリックお願いしますm(__)m↓
バナー①

バナー②


  パンダのまさかの行動によって怒りもすっかり治まってしまった   僕。その事件以来、猫というものはこういうものだから仕方ないと  思えるようになった。それからは仲良くする日々が続いた。


米「ただいま~」


  帰ってきた僕を迎えに来るパンダ。


パ「おかえりにゃ~」
米「ただいま、パンダ。いい子にしてた?」
パ「ごろにゃ~」


  電気をつける。


米「(部屋を見る)……」


  荒らされてる部屋。


米「……今日はちょっと暴れすぎたかな、パンダ?」
パ「まぶしいにゃ~」
米「まぁ仕方ないね」
パ「目が開かないにゃ~」
米「まぶしいのか~。ごめんね」
パ「(慣れてきて)お腹減ったにゃ~」


  と、僕が帰りに買ってきた弁当に反応し、匂いを嗅ぎ始める。


米「こら、パンダ。お前にはこれあげられないよ」


  寄ってくるパンダから逃げる僕。


パ「待てにゃ~!!!」


  逃げる僕…ではなく、逃げる弁当を追ってくるパンダ。そして弁当目掛けて大ジャンプ!


パ「食べ物にゃ~!!!」


  それを察知してよけようとする僕。結果……


米「痛たたたたたた」


  パンダがジャンプ末、飛びついたのは僕のお尻だった。


パ「(モグモグ)」
米「パンダ…そこは食べるとこじゃないよ(泣)」


  その後、自分のドライフードを食べたパンダは僕の膝の上に来て、
  

6月下旬



米「(撫でながら)よしよし」
パ「にゃ~」

6月下旬②


パ「にゃぁ……Zzz」


  眠りにつくパンダ。そんなパンダを微笑ましく見る僕。しかし、僕  の体の傷は増える一方だった。


↓いい夢見てにゃ~↓
バナー①

バナー②


SOS

プロフィール

米田基

Author:米田基
【2008年5月20日更新】

パンダ(♂)2006年3月12日生。雑種。

現在2歳。大人になったせいか、だいぶおとなしくなりました。

特技:ジャンプ、ダッシュ(1歳時)
    甘える(おねだり)、女性にはなつく(2歳時)
頭と尻尾だけが黒という珍しい柄。
生後2ヶ月で知人より譲ってもらい、わが子のように育てています。
しかし、猫と同じレベルで喧嘩などをする僕。このパンダという名の猫が成長して(いずれは僕よりしっかりする!?)いく姿を物語り風に綴っていきます。

同棲者:米田基(最近、芸名を「米田芳尉」から本名の「米田基」に戻しました)(♂)1980年5月12日生。
米田基のつぶやき日記では時事ネタや雑学を記事にしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。